父親の車を高く売る

父親の車


田舎で暮らす父親の車を売ろうと思っています。

 

と申しますのも縁起でもないので父親には切り出しにくい話題なのですが、父親が死んでから父の車を売ることなりますとかなり手続きが難しくなるのです。

 

死んだ人の車を売るとなると複雑な手続きが必要になります。

 

死ぬ前に本人が売るようにしてそれをサポートしてあげればよいかなと思っています。

 

もし、死んでしまったら、本人がいなくなりますので売ることはかなり難しくなります。

 

車の価値にもよりますが車の価値が100万円以上ある場合は「遺産分割協議書」などが必要になるみたいです。

 

いずれにしても車の所有者がなくなった場合は本人が存在しないわけですから、面倒なことになりますね。

 

もし可能であれば死亡届を出す前に車を売却してしまう方法が便利な方法です。

 

一旦でも死亡届を出してしまえば、いろいろなところで手続きが面倒になります。

 

死亡届は亡くなられてから14日以内に出すことになっていますので、死亡届を出す前に車を売却すれば通常の手続きだけ、つまり実印や印鑑証明だけで車の売却は可能です。

 

このことは知っておいた方がよいと思います。

 

車とは関係はありませんが銀行口座からの出金なんかも死亡届を出す前に出金することを知っておくと助かることもあります。

 

 

ところで私の父親の年齢は85歳です。

 

それで車の運転はやめるように説得したいと思っています。

 

基本的に公共交通機関を利用すればよいと思うのです。

 

早目に車も売ってしまえばガレージも広くなりますので好都合です。

 

それで私が父親の代わりに車を高く売ってあげようと思っています。

 

車買取一括査定を使えば高く売ることができると思います。

 

スカイラインGTRは高く売れるそうですね。