ユーザー車検の受け方

ユーザー車検

 

 

 

 

ユーザー車検は規制緩和後に個人でも陸運事務所に車検を持ち込むことができるようになりました。

 

 

ただし、自己責任で自分の車の安全を守るという考え方は責任を伴います。

 

車のメンテナンスの自己責任に関しては十分にお願いします。

 

 

 

その為か最近では陸運事務所にオジサンからオバサン、若者と老若男女、車検に並ぶ姿が見られます。

 

規制緩和により自分で車検を受ければ安く車検ができると大人気です。

 

 

 

 

 

 

ユーザー車検は予約が必要です。

 

予約はインターネットから簡単にできます。

 

また軽自動車のユーザー車検は別で軽自動車協会の管轄となりますのでご注意ください。

 

 

車検予約はコチラ

 

 

 

 

 

ユーザー車検では車検前に24か月点検を実施しなければなりません。

 

点検を実施する中で実際の車検時に問題がないようにタイヤのスリップサインなど点検しましょう。

 

 

 

 

 

ユーザー車検の準備として自分で24か月点検を行うこと。

 

そして不具合を発見したら修理することです。

 

当日は万全を期して臨みたいものです。

 

その為にはライトやウィンカー、車幅灯、シートベルト着用ランプなどすべての整備を確認しましょう。

 

それと非常時の発煙筒も期限が切れていないかの確認が必要です。

 

 

また、当日に備えて車のホイールキャップがあれば外しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーザー車検は基本的に予約制になっています。

 

 

まず、自分がどの陸運事務所で受けるのか決め、希望日を予約します。

 

 

予約が取れたら当日は試験時間の前に到着するように段取りをします。

 

 

 

ユーザー車検場では一般的に申請書類一式の購入、重量税の購入が完了後に車検の申請を窓口に提出します。

 

自賠責保険も最寄りの保険代理店で購入します。

 

 

申請書類の受付が済むと、車検検査の列に並びます。

 

 

車検が無事に済むと判子をもらい、事務所の窓口に書類を提出し、その場でステッカーや車検証がもらえます。

 

 

検査自体は驚くほど短い時間で完了しますが、不具合が発見された場合は再検査になります。

 

その場合、陸運事務所の周りに車検用の修理工場がありますので、ここで修理してもらいます。

 

この場合は再度並ばなければなりませんので、けっこう辛いですね。

 

再検査後に合格した場合も同様に書類を窓口に提出すれば車検証と、ステッカーをその場でもらえます。

 

 

 

今回の私のユーザー車検で実際にかかった費用は
車 ウィッシュ
登録年度 平成15年

 

自賠責保険  27,840円
重量税     34,200円(13年目だから割高でした。)
用紙代       50円
検査手数料  1300円
検査手続き料 400円

 

合計    63,790円

 

再検査はなかったので修理代は0円でした。

 

 

 

 

 

ユーザー車検で安くなる費用とは検査費用です。

 

車検では自賠責保険、重量税、印紙代などの法定費用と申請代行料、事務手数料、車検基本料、検査費用などのその他費用がかかりますが、基本的に法定費用は字の如く法で定め
られた費用でごまかしようのないものです。

 

 

ただその他費用は車検整備工場が独自の料金体系なのでそれぞれに料金は違います。

 

 

例えば車検というと10万円くらいかかると考える人が多いですがそれでも法定費用が多くを占めると考えてよいでしょう。

 

最近の安い車検ではわかりやすい料金体系になっていますが検査費用としてはだいたい1万5千円前後かなと思います。

 

これに実際に不具合などありますとその分が上乗せになります。

 

実際に車検は費用の内訳を見ることが大事です。